Tag Archives: 水中撮影

『海人魚』- 袁緒虎(ユェン シュ フー)

12月 27, 2019

『海人魚』- 袁緒虎(ユェン シュ フー)

袁緒虎(ユェン シュ フー)と申します。ダイビングを始める前は、テレビ広告とミュージックビデオのディレクターを務めていました。2000年からダイビングを習い始め、2005年にコーチの資格を獲得しました。暇な時に業界の友達、例えばほかのディレクター、写真家、プロデューサー、美術担当、スタイリスト担当、照明担当と彼らのアシスタントにもダイビングを教えてきました。その時台湾のプロデュース業界には、水関連のトピックがあったら、撮影が困難で諦めたり、予算の高い案件はタイに行ってそこのチームに依頼をしたりしていました。2009年に、前にダイビングを教えたプロデューサーは、ディレクターの侯孝賢(ホウ シァォ シィェン)さんの上海万博のビデオ撮影をサポートしていましたが、そのビデオに水中撮影の内容があって、台湾でどうやってこのような撮影が出来るかと私に相談乗ってきたら、私はスキューバダイビングとフリーダイビングを組み合わせて撮影を完成させるというアイデアを提出しました。その時フリーダイビングのことを知っている人があまりいなかったので、それで私は水中撮影の仕事を始めました。

その後、台湾の映画業界で水中撮影関連のトピックが出るたび、私に依頼しに来ました。誰も行ったことない高い山の湖、貯水池、鳥の糞がいっぱいの小川、戦時のトンネルなど、誰もダイビングしようと思わない場所へもダイビングしてきました。案件がだんだん増えてきたので、私は水中撮影のプロチームを育てようと決めました。ただしプロデューサー業界で一緒にできそうなパートナーを探してみたら、皆はダイビングに対してただの遊びだと思い、深い興味を持ってくれません。なのでダイビング業界で興味ある人を探して、そしてダイバーをプロデュースできる人に教えて、ようやく今の水中撮影チームにできました。

金馬短片 ”鍥子“

金馬短片 ”鍥子“,導演是黃芝嘉,在拍海人魚的時候芝嘉是副導,她的片我就當她的水下攝影師,她是我超級喜歡的一個人,拍這場戲的時候,我本來很期待老婆可以帶圈圈點點來,站在大洋池的大透明壓克力前,看著爸爸工作的樣子,但沒成行,是我一生中一個很大的遺憾,希望還有機會可以去海生館拍片。水攝組 我跟 大藍潛水俱樂部 Ken Li(本片頭經過導演同意上傳)

Posted by 袁緒虎 on Monday, April 22, 2019

たくさんの映画と広告撮影をした後、とある撮影をしていた時に、島の海辺で友達とお喋りをしました。私たちが撮影サポートをしてきた映画はほとんど、水中の無重力状態の美しさを伝えたいだけ、もしくは一部の内容がニーズあるので私たちにサポートを依頼しに来ました。映画自身は海に役に立つ内容でもなくて、海が直面している問題や環境への破壊などについて、彼らは気にしていません。でも私も、私の友達もほとんど気にしています。なので私は海をトピックにする映画を作りたいと言い始めましたが、友達も応援してくれました。それで私は広告ディレクターから水中写真家になり、そして映画のディレクターになりました。

『海人魚』は海を愛する物語であり、都市の人たちと海辺の人たち、そして人魚伝説との三方関係で、環境と海辺民族の悲しい話を語りました。一部の内容にも都市の人たちの自己正義の態度を指摘しましたが、皆へ環境を守るとエコ意識の行動を目覚めさせることができればと考えています。

この映画を完成させるまではとても大変でした。台本も書いたり、資金も募ったり、俳優も訓練したり、理想の水中シーンも探したり、台湾でこのようなことは誰もしたことないので、なんでもかんでも自分で監督して実行しなければなりません。水中作業に関して、プロデュース業界は手伝ってくれる人がいませんでしたので、商業広告のディレクターをした時期に育ってきたクライアントたちへ資金関連の協力依頼で声をかけました。しかし皆からこの映画は商業価値がないと思われたので、資金募りは非常に難しかったです。なので私は台湾の独立プロデューサーとして一番悲惨な道を歩くことになってしまい、自宅を銀行の抵当に入れてお金を借りて、海に対する愛を完成させることにしました。それで海に関する初めての映画『海人魚』を完成させて、六つの映画祭で合計七つの賞を受賞しました。

[]

Categories

    Upcoming Dive Shows

    Shearwater Research will be at the following dive shows:

    2020 MIDE

    Read More / Dec 4-7 406